手根管症候群 | 仙台に密着した鈴木接骨院グループ

  • 鈴木接骨院
  • 仙台東口かえで整骨院
  • 泉中央杜都整骨院
  • あすと長町整骨院
  • 鈴木接骨院 落合院

手根管症候群

■こんな症状ありませんか。

・母指が痩せてきてOKサインが出来ない。

・人差し指、中指にしびれが出る。

・明け方に手がしびれる。

 

■なぜ手根管症候群は起こるのか。

正中神経が手首にある手根管というトンネル内で圧迫されている状態です。これに手首の運動が加わって手根管症候群は生じます。手根管は手関節にある手根骨と横手根靭帯で囲まれたトンネルでその中を正中神経と9本の腱が走行しています。

特発性というものが多く原因不明とされています。妊娠、出産期、更年期の女性に多く乗じます。骨折などの怪我、仕事やスポーツでの手の使い過ぎ、透析をしている方に生じます。

初期には人差し指や中指に進行すると母指に痛みや痺れが出てきます。明け方になると痛みや痺れが強くなることが特徴になります。手を振ると症状が緩和することがあります。

母指球筋が委縮し物をつまむ動作が困難になります。

左右の手の甲を合わせて1分保持すると痛みや痺れが認められる場合は疑われます。(ファーレン兆候)

 

■手根管症候群が改善されない理由・一般的な対処法

神経症状に合わせ筋力の低下も起こるため改善に時間がかかる症状になります。

一般的には消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、湿布薬、運動や仕事の軽減、シーネ固定による安静、注射などの保存的療法が行われます。

難治性のものや母指球筋の痩せたもの、腫瘤のあるものは手術が必要になります。

 

■当グループの手根管症候群の施術

疼痛、痺れの緩和のために干渉波療法、ハイボルテージ療法を行います。

筋力低下を防ぐために母指球筋の筋力強化訓練も行います。

手関節を固定する場合は肩関節の動きに支障が出る場合もあるので当グループで行っているインナーマッスル光療法を行い関連して出てくる症状の緩和を行います。

ご自身で行える運動のご指導もしています。

手首のストレッチとして①手首と指を曲げ反対の手で手前に引く②手首をそらして壁に固定し反対の手で上から押す。

こちらを5秒保持し5セットを目安に行います。